自動通報装置

コルソス CSDJシリーズ


ph_csdj_011 自動通報装置コルソスCSDJは、様々な機械や設備機器を接続することで、運用に合わせた遠隔監視を実現します。
現場状況にあわせ、Eメール通報・電話通報など、通報種別も選択できます。
設備故障時の迅速な処置、設備の運転管理など、様々な遠隔監視が可能です。
もちろん、一人作業時緊急通報システムポケットコールと組み合わせて、作業者の緊急事態を自動で通報することも可能です。 

 

主な設置先として
●上水道・下水道設備
●オフィスビル・マンション
●無人倉庫・工場施設
●駐車場・コンビニエンスストア
●金融機関
●店舗事務室


コルソスCSDJの特徴

多数の入力情報を必要な場所へ通報

火災・ガス漏れ・水位異常・紙幣不足・機械故障などの異常発生を、標準16チャンネル、オプションの拡張ボードで最大32チャンネルまで区別して必要な場所(外部)へ通報します。

Eメール、音声、データで外部通報

自由な通報文を登録Eメール通報、自由な音声メッセージを登録できる音声通報、専用アプリケーションを使用した、センタへのデータ通報など、状況に合わせた通報方式が選択できます。

 

通報先の組み合わせ、昼・夜切替が可能

通報先の登録は、最大Eメール32宛先、音声16宛先、データ8宛先まで設定でき、入力チャンネルごとに通報グループを変えることもできます。外部切替スイッチや機器内蔵カレンダ機能で、昼・夜2モードの通報先切替えも可能です。

 

ブラウザで状況把握・設定変更が可能

コルソスはWebサーバを内蔵していますので、汎用PCのブラウザからアクセスし、現在状況の把握や設定内容の変更が容易に行えます。ログインID・パスワードにより、セキュリティも万全です。

デジタル・アナログ、多彩な入力に対応

監視する機器などの環境により、ON/OFFのデジタル入力から水位・温度管理などのアナログ入力まで、幅広い対応が可能です。

日報・月報を自動作成

入力信号及び通報履歴の日報・月報を自動作成します。ブラウザからアクセスし、過去履歴まで閲覧したり、CSVファイルで任意にダウンロードしたりできます。また、設定したEメールアドレスに自動送信もできます。

 

デジタル出力の制御

入力・通報の状況に連動させ、外部デジタル出力を制御できます。通報時に回転灯やブザーを鳴らしたり、機器の停止スイッチをONしたりと活用できます。標準で4点、オプションの拡張ボードで8点まで制御でき、入力チャンネルごとにどの出力を制御するかを設定可能です。

 

通報先が不応答時の対策

電話通報で、通報先が不在などで応答できなかった場合でも、正常に応答するまで繰り返し通報リトライを行います(回数制限有り)。通報漏れの不安が大幅に削減されます。