ポケットコール

倒れセンサーですばやく緊急を知らせます。
ポケットコールは、非常事態が発生した場合に無線で所定の場所へ通報するシステムです。又、倒れセンサーは人の転倒を感知し、自動通報します。

  • 1人作業者の緊急事態に迅速に対応できるので安心感がある。
  • 緊急事態の連絡体制がとれ安心している。一人で巡回でき、もう一人は他の仕事ができるようになった。
1フロアー内に人の作業者が各自の1部署で仕事をしている。

パーテーションや製品等の影になって、他人の姿は見えないので事故があっても気付かない。

4種識別タイプを使用して自分の持つ送信機ナンバーを決めておき、事故の時には、見通しの良い所にサイレン付表示盤を設置し、誰の送信機からの信号を受けたかが分かるように表示をする。
1人で巡回できるにも関わらず、安全のため2人で巡回をしていた。

夜間・休日等は作業者の人数が少なく、事故時に気付かなかったり、発見が遅れたりする。

工場敷地が広いため、6つのエリアに分けて守衛が持つ送信機からの信号が届いた所のサイレンが鳴ると同時に、自動通報装置が自動的に守衛所の内線番号をダイヤルし警備員が受話器をあげるとあらかじめ登録しておいたメッセージを流す。